【受付時間】平日9:30〜17:30 TEL: 03-6256-9051

くくな法律事務所

弁護士紹介

置塩正剛(おきしお せいごう)東京弁護士会所属・登録番号31790

置塩正剛(おきしお せいごう)

私は、もともと生活に密着した、いわゆるマチ弁になりたいと思っていました。しかし、司法修習期間中に日本弁護士連合会主催のひまわり基金のシンポジウム「あなたを呼ぶ声が聞こえますか」に参加し、弁護士過疎地域の問題が、想像していた以上に大きな問題であることを認識しました。そこでまさに「呼ぶ声」が聞こえた私は、地域密着型の弁護士として働くことを決めました。

弁護士登録後しばらく東京で修行した後、島根県の益田ひまわり基金法律事務所に赴任しました。そこでは民事事件から企業法務まで、地域のあらゆる法律問題に対応し、都会ではなかなかできない種類・量の経験を積みました。

任期を終え、東京に戻ってきましたが、その時と同じように、東京でもご依頼者様のお気持ちに寄り添い、困った時にはすぐ相談していただけるような居場所を提供していきたいと考えています。法的トラブルは、予防または早いうちに対処した方が解決しやすいですので、悩まれてどうしようもなくなる前に、気軽にご相談ください。一緒に最善の解決策を考えていきましょう。

注力分野

一般民事事件全般、家事事件(離婚・相続・成年後見等)、刑事・少年事件、企業法務、スポーツ法

経歴

  • 1998年京都大学法学部卒業
  • 2004年弁護士登録
  • 2004年10月~2006年4月東池袋法律事務所(現・池袋総合法律事務所)
  • 2006年5月~2008年10月益田ひまわり基金法律事務所(島根県弁護士会)
  • 2008年11月~2014年6月東京西法律事務所
  • 2014年7月~2016年7月吉田綜合法律事務所
  • 2016年8月~くくな法律事務所

資格・役職・所属団体

東京弁護士会法教育委員会(2015年度委員長)
東京弁護士会弁護士業務改革委員会

日本スポーツ法学会、日本部活動学会
法と教育学会
一般社団法人日本スポーツ法支援・研究センター

公共財団法人日本スポーツ仲裁機構 仲裁人候補者・調停人候補者
日本陸上競技連盟公認ジュニアコーチ

著作・講演

  • 『民事法律扶助活用マニュアル』(現代人文社)共著
  • 『弁護士のための事務所開設・運営の手引き』(日本加除出版)共著
  • 『離婚事件処理の実務』(新日本法規)共著

馬場 望(ばば のぞみ)東京弁護士会所属・登録番号32855

馬場 望(ばば のぞみ)

私は、少年事件に関心を持ち、弁護士登録直後から子どもの問題に関わってきました。
そして、少年事件に取り組むうち、加害者となって目の前に現れた子どもたちの多くが、虐待や貧困、いじめなどによる深刻な被害を経験していることを知り、児童福祉や子どもの心の問題に関心が広がりました。
さらに、児童虐待や貧困の背景にDVの問題があるケースが多いことを知って、DVについても深く学び、取り組むようになりました。
そうした経緯を経て、家族と子ども、女性に関わる問題を専門とし、さまざまなご相談をお受けするようになりました。

法的な問題の解決にとどまらず、人生が好転するきっかけになるような事件処理を、という思いから、「自分が本当に求めていることが何なのか」にたどりつけるように、気持ちを大事にして、お話を丁寧に聴くことを心がけています。
子どものこと、パートナーのこと、家族のこと。「誰に相談すればいいのかわからない」というとき、どうぞお気軽にご相談ください。どうしたいのか、何をすればいいのか、一緒に考えましょう。

困難な状況の中で自分を見失いそうになったときに、ちょっと肩の荷を下ろして、また自分らしく歩き出すためのきっかけをつかむ。そんなお手伝いができれば、うれしいです。

注力分野

家族・子ども・女性に関する諸問題
(離婚・DV/相続/成年後見/少年事件・児童虐待・いじめ・学校事故/性犯罪被害など)

経歴

  • 1998年上智大学法学部国際関係法学科卒業
  • 2005年弁護士登録
  • 2005年10月~2007年9月吉田武男法律事務所(現・吉田綜合法律事務所)
  • 2007年10月~2011年3月弁護士法人北千住パブリック法律事務所
  • 2011年4月~2015年3月東京きぼう法律事務所
  • 2015年4月~2016年7月のぞみ法律事務所
  • 2016年8月~くくな法律事務所

資格・役職・所属団体

社会福祉士(2014年登録)
NPO法人レジリエンス SAFERアソシエイト・こころのケア講座ファシリテーター養成講座修了

東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別委員会

東京都児童相談所協力弁護士
上智大学法科大学院非常勤講師(リーガルクリニック担当)2017年度まで
面会交流を支援する会ぽのぽの代表
社会福祉法人わかくさ会理事

著作・講演

  • 『少年事件ビギナーズ』(現代人文社)共著
  • 『Q&A子どもをめぐる法律相談』(新日本法規出版)共著
  • 社労士成年後見センター東京「成年後見人更新研修:成年後見人として知っておきたい関係諸法令」
  • 女性健康学校ジョイ・ラボ「DVと子どもと離婚~法的支援の現場から」
  • 養育家庭里親サロン「里親と法律の話」
  • 大田区立男女平等推進センター(エセナおおた)「暴力・DV防止セミナー:離婚・DV・子ども~法的支援の現場から」
  • にんしんSOS東京「勉強会:困難な背景を持つ未成年者の妊産婦への法的支援について」
  • 豊島区子ども家庭部「子ども講座:子どもの虐待について」
  • 大田区要保護児童対策地域協議会「学習会:虐待を受けた子どもたちへの支援について~法律家の視点から」
  • asobi基地「あそびとまなびの集い:こどもと、大人と、社会の関係性を考える」
  • 児童養護施設聖フランシスコ子供寮「学習会:ドメスティック・バイオレンス~その知識と支援の現状について」
  • 独立行政法人国立女性教育会館「女性関連施設相談員研修:女性相談の実態と支援に関する法知識」

田中美和子(たなか みわこ)東京弁護士会所属・登録番号32587

田中美和子(たなか みわこ)

私は、弁護士登録以来、高知・東京で民事・家事・少年・刑事など多岐にわたる事件に携わってきました。中でも、過労死・過労自殺をはじめとする労働事件、家事事件、少年事件に重点を置いています。

私は、少年の重大事件を契機に少年法の厳罰化が進められていた頃、非行をしてしまった少年の更生に弁護士として関わることができるということを知り、弁護士を目指しました。そして、弁護士として少年事件をはじめ、多くの事件に携わる中で、法的な問題解決をするだけにとどまらず、その背景にある感情的、精神的な問題なども含めてサポートしていくことができれば、ご依頼者様にとってよりよい解決ができるのではないかと思うようになり、心理学を学び始め、心理カウンセラーの資格を取得しました。

現在も様々な悩みを抱えられた方の相談をお受けしておりますが、相談をお受けする際には、まずはお話をじっくりお伺いするようにしております。そして、事件の見通しのご説明や問題解決の為にどのような方法があるかというご提案から事件処理まで丁寧にすることを心がけております。

少しでも疑問を感じたり、つらい思いをしている場合には、一度ご相談ください。心理カウンセラーとしての知識や技術も活かして、どんな小さなことでも相談してよかったという安心と、将来への希望を持っていただけるよう、ご依頼者様に寄り添い、最善の解決に向けてサポートいたします。

注力分野

労働事件、家事事件(離婚・相続・成年後見等)、少年・刑事事件、債務整理

経歴

  • 2001年一橋大学法学部卒業
  • 2005年弁護士登録
  • 2005年10月~2011年3月高知法律事務所(高知弁護士会)
  • 2011年4月~2015年3月弁護士法人東京パブリック法律事務所
  • 2015年4月~2016年7月のぞみ法律事務所
  • 2016年8月~くくな法律事務所

資格・役職・所属団体

日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー
AFP・2級ファイナンシャル・プランニング技能士

東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別委員会
過労死弁護団全国連絡会議
日弁連両性の平等に関する委員会(2007~2009年)

豊島区民社会福祉協議会サポートとしま専門相談員(2011~2014年)
豊島区配偶者等に関する暴力問題相談機関連絡会議委員(2011~2012年)
豊島区要保護児童対策地域協議会委員(2012~2014年)

著作・講演

  • 豊島区民社会福祉協議会サポートとしま「やさしく解説!成年後見制度」(他成年後見制度に関する講演会3回)
  • 豊島区子ども家庭部子育て支援課「法テラス業務と弁護士による家庭裁判所の家事調停について」
  • 東京都社会保険労務士会板橋支部「労働事件ケース紹介」
  • 東京都社会保険労務士会北支部「労働事件ケース紹介」

くくな法律事務所
〒102-0083
東京都千代田区麹町3-10-2
CITY SPIRE半蔵門1002号室
(旧・KWレジデンス半蔵門)
東京弁護士会所属
弁護士 置塩正剛・馬場望・田中美和子

お気軽にお問い合わせください

TEL:03-6256-9051
受付時間:平日9:30〜17:30

お問い合わせフォームはこちら

Googlemapへ くくな法律事務所